So-net無料ブログ作成
デッサン ブログトップ

横浜・三渓園 & 朝刊クロッキーアップ 2/1 [デッサン]

 

久しぶりに

木炭デッサンです

今日は、色気がありません

悪しからず <(_ _)>

IMG_0040.JPG

横浜・三渓園                        8号・木炭・画用紙

 

 

朝刊クロッキーアップ 2/1

がれきの街希望の絵・ハイチ

 

IMG_0041.JPG

 

続きがあります


nice!(49)  コメント(56) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「ブルータス」石膏デッサン [デッサン]

 台風一過、暑さ、再来です。さて、「美術研究所」研修シリーズは最終回です。

 俳 「台風や千の風の仕業らし」  よしあき

 最終回を飾るにはいささか地味ではありますが、先生が合格点を呉れた2点のうちの1点です。鉛筆デッサンとしては、研修所最後の作品となりました。何を苦労したかと言えば、やはり濃淡でしょうか。対象自体が年数を経た汚れがあったりして迷わされました。そして、形作り、水平線、垂直線の基準を何処に求めるか、結局、自転車のスポークの端を持ってぶら下げて垂直線をイメージして、それを基準にそれぞれが持つ角度を求めていきました。「これならデッサン実技の合格点は取れるな」、正直嬉しかったです。

 「輪廻」

 この作品は、研修所の講義の中で「色が持つイメージ」について教わりました。鮮やかな黄色が生誕、左回りにグリーン、ブルーを青年期、紫、赤を老年期という具合にイメージして、中間色をそれぞれの間に配して、ポトスの姿を借りて表してみました。小生としては、大冒険です。音楽レコードで言えば、所謂B面、試作品です。

 ある事情があって、1年3ヶ月余で「美術研究所」を止めました。義務教育で図画工作を教わり、後はただ好きなだけで続けてきた絵画でしたが、この「美術研究所」での系統だった勉強は、驚きの連続であり、かなりきついことも言われながらも続けて来れたのは、先生を始め、生徒諸君の絵に対する「ひたむきさ」に刺激されての結果だったように思います。素晴らしい体験でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


槇尾・西明寺 [デッサン]

広大な高山寺を出山すると再びバス通りに出る。しばらく歩き清滝川にかかる「槇尾橋」を渡り石段を登ると、西明寺・山門が姿を現す。境内は、こじんまりとしてはいるが、静けさの中に美を凝縮した佇まいである。暫しの間、お堂の縁側に腰掛けて静かな時間を過ごしてみたくなる。野趣あふれて広大な高山寺と対比してみると物足りなさを感じてしまうが、雄大な神護寺との中間にあって、静謐な小宇宙は十分な存在感を参拝者に与えてくれる。

 「新緑や槇尾の寺人をらず」  よしあき

 


デッサン ブログトップ