So-net無料ブログ作成
検索選択
ペンダントアート ブログトップ

宝飾というものを考えてみる [ペンダントアート]

 

   IMG_1892.JPG

   ペンダント                         4号透明水彩

 

          東京銀座の著名店で

          縁があって

          「江里康慧・佐代子」展を観たことがある

 

          江里康慧氏は、京都在住の仏師

          佐代子夫人は、切金師で人間国宝

          (佐代子夫人は昨年他界された)

          長い年代を経た仏像を見慣れたものにとって

          造りたての仏像は

          鮮やかな切金細工、色彩を施され

          美術工芸品だった

          従来抱いていた仏像のイメージとは

          かけ離れた

          きらびやかな展示会だった

 

          いい機会とばかりに

          日頃は縁のない宝飾店を見学した

          デザイン、素材の仕上げ、など

          どれをとっても

          ため息が出るほどに美しい

 

          それ以来、宝飾品というものを

          興味を持って見るようになった

          仏教経典にも

          金、銀、瑠璃、瑪瑙・・・と

          宝飾について記述されている

 

          装飾、宝飾って何なのだ

          表面を装うもの

          権力、金力を誇示するもの ?

          人の欲の象徴ではないか

          と言うと、諸方面から

          喧々諤々と非難の嵐がきそうだ

 

          京都、奈良をはじめ、国内の

          神社仏閣には

          年代を経て

          装飾をはぎ取られた

          建築物、仏像類が

          我々に安らぎを与えてくれる

          余計ななものをそぎ落としてこそ見えてくる

          本物の美しさが、そこにはあるように思える

          だからこそ、自然と合掌する心持になる

 

          人も同じではないか

          精神を鍛えてこそ

          内面からにじみ出る美しさが

          自然と現れる気がする

 

          すべて、道を究めるということは

          精神を鍛え抜くことと

          先達は言い残している

          肝に銘じたい

 

     ちなみに、ペンダントは雑誌の写真を拝借、背景は、某デパートの宝飾品売り場の

    イメージ。ペンダントの価格は、10万円台後半だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(24)  コメント(27) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
ペンダントアート ブログトップ