So-net無料ブログ作成
検索選択
アクリル画 ブログトップ

平安神宮・神苑の「花菖蒲」 [アクリル画]

 

     IMG_2233.JPG

     花菖蒲                        3号・黒の紙にアクリル絵具

 

          先日の上洛の際に

          花菖蒲が見ごろだろうと

          平安神宮へ出かけた

          何回詣でても、この極彩色には馴染めない

          拝殿で参拝の後

          神苑へ入場

          外国人が多い

          池泉回遊式庭園は

          神殿を見たあとでは

          ホッと安らぐ

          お目当ての花菖蒲は

          ちょうど見ごろだった

          絵を描く人も、2~3人見かけた

          なかなかの腕前の人ひとり

          CDのケースをパレットとして使っていた

          いかにも描きなれた感じで

          立ち止まり、遠慮勝ちに見入った

          

          今回の絵は

          以前に一度試みたが

          ブロック水彩紙の表紙の

          表面がツルツルした黒い紙

          今回は、アクリル絵具で

          挑戦してみた

          ペインティングナイフで下地を擦り込み

          油絵用の豚毛の筆で描く

          細かな表現には

          紙が小さすぎた

          アクリル絵具の扱いは

          まだまだ、これからだ

 

               はなびらの垂れて静かや花菖蒲     高浜虚子

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(23)  コメント(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

石峰寺・五百羅漢と伊藤若冲:8 [アクリル画]

 

   IMG_2200.JPG

   羅漢像                               4号・アクリル絵具

 

   IMG_2126.JPG

   実像写真

 

          いつの間にか

          このシリーズも8回目となりました

          今日の羅漢像

          何か怒りの形相に見えます

          本来の羅漢は

          小乗仏教では

          仏弟子の最高位とされています

          座禅を組み

          煩悩をすべて断滅して

          無念無想の境地にあるはずの羅漢

           ところが、数多くの羅漢像には

          喜怒哀楽のさまざまな表情が表れています

          如来、菩薩ではこの表情を表すこと

          おそれ多い

          衆生では身近すぎる

          そこで、煩悩と闘う姿を

          羅漢に託したのではないだろうか

          以上は、私の浅はかな考えですから

          どうか、お忘れになってください

 

          さて、今回の絵は

          アクリル絵の具を

          初めて、使ってみました

          例によって、予備知識は皆無に近く

          行き当たりばったりの

          挑戦です

          乾きが早いのが特徴で

          不透明水彩と油絵に近い感覚でした

          透明水彩は

          この梅雨の時期

          乾きが遅いため

          先へ進むには時間がかかり

          さて、どうしようか

          あるから、使ってみようか

          さて、出来栄えは

          良いわけがないですね

          この絵の具は、乾きが早い反面

          一度絞り出した絵の具は

          再利用できないのが難点で、不経済です

          さてこの先、どうしようと

          考え込んでいるところです

 

 

 

          

 

 

 


nice!(21)  コメント(23) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
アクリル画 ブログトップ