So-net無料ブログ作成
検索選択
お知らせ ブログトップ

表紙絵に採用されました 「手仕事の医療」評伝・石原寿郎 [お知らせ]

 

医療ジャーナリスト、秋元秀俊氏より 

                            (赤字表記はリンクしてあります) 

拙ブログのコメント欄を通じて

表紙絵の作画依頼をいただきました 

タイトルは「聖橋」 

 

小生10年のブログ歴で初めてのことで

SNS社会の出会いに感謝しています

秋元秀俊さん、ありがとうございました

DSCN3428.JPG 

 

秋元秀俊 著

「手仕事の医療」・評伝 石原寿郎 

生活の医療社 発行

 DSCN3537.JPG 

 


nice!(31)  コメント(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ギャラリーへ搬入 [お知らせ]



IMG_2261 2.jpg
出展作品 岩木山神社・リンゴ花咲く頃  6号

今回は下手なデジカメでご勘弁をいただきます

JR中央線快速「四谷」駅で下車
東京駅寄りの階段を上り
駅舎地上へ出る
出たところが新宿通り
右折し、新宿方向へ
まもなく、四谷見附の交差点が見える
写真の奥は新宿方向
DSCN0609.JPG 

この横断歩道を渡り、すぐに右折する
20メートルほど直進すると
まもなく、左に赤の看板のコージーコーナーが見えてくる
DSCN0612.JPG

この通りを左折すると
持田製薬ビルの先に
本屋の看板が見える
DSCN0614.JPG

この本屋さんのビル
写真、車の影で見えないが
右側にギャラリー入り口がある
作品展の看板が見える筈
入って奥のエレベーターに乗り上階へ
エレベーターを降りると右側にギャラリー入り口が・・・
ドアを開け入ると
右がmituさんの写真
左が私の絵
写真の右手には芳名帳が見えています
DSCN0621.JPG


ご覧の通り
写真ギャラリーに多い濃いトーンの壁面です
水彩画の展示には暗すぎたのかなと
贅沢を言ってはいけません ^^;

このように広い空間での展示は初めてで
なおかつ、小さめのサイズの絵なので
自分の絵であって、そうでないような印象を受けました
また、広いグレートーンの中にある絵は
原色が浮いて見え

今後に、大きな課題となりました

以上、簡単なご案内でした



nice!(68)  コメント(87) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

写真と絵の四季彩展 [お知らせ]


お待たせいたしました
お知らせです


mitu & よしあき 「写真と絵の四季彩展」


1. 開催日 2011年2月10日(木)~2月16日(水)     
2.時間 10:00~18:00 最終日のみ14:00       
3.場所 東京都新宿区四谷1-7 日本写真会館5階    

4. DMはがき (デザインはデザイン屋さんにお願いしました)


IMG_0002.jpg


IMG_0001.jpg

5.作品展の内容                      

私たちは、ブログというメディアを通して知り合い
写真と絵のジャンルを超え、互いの作風に共感しあっています。
共にグループには所属せず気ままな活動を続けています。
日々の生活の中で心奪われた四季の鼓動をレンズと絵筆に託して表現した作品を
多くの方々に観ていただきたいと、作品展を企画いたしました。
まだまだ、初心者の域を出ない二人でありますが
この機会を更なる精進の糧としたいと思っています。
ご高覧の上、叱咤激励をいただければ幸いです。


  6.作品概要:絵                           

   ・透明水彩を中心とした具象画(殆どが風景)
・大きさは4号F(31㎝×23㎝)   9点
     6号F(41㎝×32㎝)  10点
    8号F(46㎝×38㎝)   1点

計        20点

当ギャラリー借用に当っては
2010年3月に事前審査が実施され
その際認められた作品のみが展示となりますので
それ以降の作品は出展されません
ご了承願います
出展作品以外につきましては
A4の写真でファイルを作り
会場でご覧頂けるようにしたいと準備しています


寒い時期です
出かけるには億劫ですが
もし、気が向きましたら
冷やかしに
お出かけください
大歓迎です [わーい(嬉しい顔)]






nice!(40)  コメント(53) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
お知らせ ブログトップ